裁判例メモ:知財高判平成30年8月23日(ドキュメンタリー映画における出所明示と引用の抗弁)

知的財産高等裁判所平成30年8月23日判決
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail7?id=87950

関係条文

著作権法32条1項
 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
著作権法48条1項
 次の各号に掲げる場合には、当該各号に規定する著作物の出所を、その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により、明示しなければならない。
一 第三十二条、第三十三条第一項(同条第四項において準用する場合を含む。)、第三十三条の二第一項、第三十七条第一項、第四十二条又は第四十七条の規定により著作物を複製する場合
(略)
三 第三十二条の規定により著作物を複製以外の方法により利用する場合又は第三十五条、第三十六条第一項、第三十八条第一項、第四十一条若しくは第四十六条の規定により著作物を利用する場合において、その出所を明示する慣行があるとき。

メモ

 現行著作権法においては(旧法とは異なり)、引用(著作権法32条)に伴う出所明示(同法48条1項1号又は3号)は、著作権制限規定による著作物利用に際しての債務にすぎず、出所の明示をしなかったからといって著作権侵害になるわけではないと解されている(加戸守行『著作権法逐条講義』[六訂新版](著作権情報センター、2013年)379頁)。本判決においても、「著作権法32条1項が規定する適法引用の要件として常に出所明示が必要かどうかという点はともかくとしても,」と留保されている。
 しかし、本件においては、以下の諸事情から、「適法引用として認められるための要件という観点からも,本件映画において本件各映像を引用して利用する場合には,その出所を明示すべきであったといえ,出所を明示することが公正な慣行に合致し,あるいは,条理に適うものといえる」のにこれをしなかったので、「著作権法32条1項が規定する適法な引用には当たらない」とされた(判決書24頁)。

①引用する側と引用される側「の区別性は弱いものであるといわざるを得ないから,本件使用部分が引用であることを明らかにするという意味でも,その出所を明示する必要性は高い」
②「本件のようなドキュメンタリー映画の場合,その素材として何が用いられているのか(その正確性や客観性の程度はどのようなものであるか)は,映画の質を左右する重要な要素であるといえるから,この観点からしても,素材が引用である場合には,その出所を明示する必要性が高い」
③「本件においては,引用する側(本件映画)も引用される側(本件各映像)も共に視覚によって認識可能な映像であって,字幕表示等によって出所を明示することは十分可能であり,かつ,そのことによって引用する側(本件映画)の表現としての価値を特に損なうものとは認められない」
④「「公正な使用(フェア・ユース)の最善の運用(ベスト・プラクティス)についてのドキュメンタリー映画作家の声明」(乙17)の内容等」

 事例判断ではあるが、出所明示と引用の抗弁における「公正な慣行」との関係についての知財高裁の立場が窺われること、及び、①以外の事情はドキュメンタリー映像作品において映像を引用する場合一般に関するものであることから、参考になると思う。

事務所を閉めました

今日、といいますか日付的に昨日、平成29年12月20日、大阪弁護士会に登録事項変更届書を出してきて、吹田元町法律事務所を閉めました。
当分の間、国選弁護だけやろうかと思っています。

各所に通知を出す作業に疲れたので、ブログを書く気力が残っていません。
箇条書きにします。

・忙しさがどんどん増し、今年の5月に1人でやる限界を超えた。
・今年の5月に新規受任を停止してみたら、ちょうど事務所3周年になる今年の12月あたりにだいたいの事件の終わりが集中しそうだった。
・特に専門を持たない街弁、という働き方があまり魅力的に思えなくなってきていた。
・ここ何年か忙しかったので、読みたい本(勉強したいこと)が溜まっていた。
・40歳まで残り3年を切ってみると、勉強したいことは早めに勉強しておきたいという焦りが出てきた。

こんなところでしょうか。
3年間、郊外型年中無休夜型事務所をやってみて、営業の面で得た知見というか何というか(もう頭が回っていません……)をまた箇条書きにしておきます。
・夜間営業に需要はあまりない。この社会が高齢化しているから。むしろ午前中に裁判所書記官から電話がかかってくるので、結局始業は午前になる。
・土日営業に需要はあまりない。この社会が高齢化している上、若い人でも平日に休みがない人は実はそれほど多くないから。その上、平日に休みがないような人はたいていパソコンのメールでコミュニケーションが取れるので直に会って打合せをする機会が少ない。
・そもそも営業時間の表示はほとんど見られていない。
・ただし、ゴールデンウィークや年末年始のような大きい連休には、急ぎの案件が来る。
・事務所の正面に掲げていた光る看板のおかげで、ここに法律事務所があるということが認知され、地元に根付くことができた気がする。
・通勤電車から見えるように看板を出したが、相談・依頼は徒歩・自転車圏内の方が多かったので、おそらく電車からはほとんど見られておらず(又は見たとしても途中下車して来るよりは梅田の事務所に行ってしまうのかもしれない)、事務所の前の道を歩いている人から認知されたという印象。
・ちなみに看板はこれです。

WordPressの使い方も忘れているので、ブログも当分の間はあんまり綺麗じゃない感じになっていると思いますが、ご容赦ください。
そもそも今後も当分の間はあまり更新しないと思いますが。

新規の相談・受任を停止します

現在,忙しくなりすぎていますので,誠に勝手で私としても不本意なのですが,新規の相談・受任はお受けできなくなりました。

また新規の相談・受任が可能になりましたら,その旨,ブログ等で告知いたします。

音楽制作ソフトの使用許諾契約と音楽素材配布サイトについて

BGMとか作ってる作曲家のこおろぎさんのブログに弁護士としてコメントしました。記事では顧問として登場していますが,顧問以前に音楽仲間です。

「Q.NIの規約にサウンドライブラリへの使用はダメだと書いてあるのですが、ストックサービスへの登録はできますか?A.できます。」

Q.NIの規約にサウンドライブラリへの使用はダメだと書いてあるのですが、ストックサービスへの登録はできますか?A.できます。

音楽制作絡みの法律関係って,まず紛争にならないから判例はないし,技術がどんどん新しくなるしで,不明確なことになりがちです。
表現に関わることで法律関係が不明確だと萎縮効果が働くので良くないですね。

ジャンルによってはドラムトラックは丸ごとサンプリングして同じのを使いまわすのがマナーとされていたり(具体的にいうとFunkot作ろうとしたら人にそう言われたんですが……),すると法律関係はどうなってるんだと思いますけどそれに対して文句付ける人は実際いないわけです。

最近(といっても5年ぐらい前にはもうありましたけど)オンラインで同時に楽曲を編集できるDAWもあって,そういうのでワンショットサンプルとかループとか使おうと思ったら,おそらく本来は共作者全員がライセンス受けていないといけないでしょう。でも,少なくともアマチュアならそんなことは意識されてすらいないと思います。もちろん,それで権利者からユーザーに苦情が入ることも実際あり得ないわけです。まあそのDAWメーカーに対してそういうことが起こらないような仕様にしてくれという苦情が入ることはあるかもしれませんが……

『民事事実認定重要判決50選』を読みました


 通読しました。前から気になっていました。
 この本を手に取る前は,私は,この本について,証拠方法から間接事実を認定し間接事実から主要事実を認定するプロセスについて書いてある本かと思っていたのですが,読んでみると実際は,その大部分が,当該事件で問題となった具体的な規範的要件について,どのような評価根拠事実・評価障害事実がどのように評価されるかについての話でした。
 そういうと通読に向いていない本のようにも思えますが,読んでみると,出てくる規範的要件の多くが街弁の実務にも頻出する要件だったので,日々の実務に即役立つ能力が補強されたという感じがします。民法の復習にもなりました。
 街弁や判事補の1年目の方に特におすすめです。最近は若手弁護士に向けた,実務を疑似体験する「セルフOJT」の本なんかもよく出ていますが(なんか,特定のシリーズ本を名指しするに近い書き方になってしまった気がしますが,あのシリーズもとても良いもので,おすすめです。),そういう本を読んでいる時よりも「セルフOJTをしている!!」という気持ちになりました。
 司法修習生にはあまりおすすめしません。実務に出てからの方が興味を持って読めると思います。
 ちなみに,この業界の本によくあることですが,50選といいつつ53の裁判例について検討されています。53選と書けばいいのに……。

角形2号封筒

 もう1箇月ぐらい前のことになりますが,角形2号封筒をデザインして作りました。
 以前作った長形3号封筒と並べた画像を貼ります。
IMG_4435
 角形2号封筒の事務所名と氏名・肩書のフォントは,看板や長形3号封筒の事務所名と同じUDタイポス512,他はヒラギノ角ゴシックのW2です。ちなみに長形3号の方はUDタイポス512と源ノ角ゴシックです。なんか行き当たりばったりですね。
 随分このブログも放置してしまっていますが,もう事務所のあり方が固まってしまったからでしょうね。ちなみに今日で開所1年7箇月です。
 そういえば,最近刑事事件をやめました。当番と国選の登録を抹消しました。登録抹消してからも既に受任した事件は続くわけですが,最後に残っていた事件も先週終わりました。私選で頼まれたらやるかもしれませんが,私選でもあまりやりたくないなという気はします。なぜやめたかというとまあ,情状弁護をやっていて嫌になったんですね。どう嫌になったかは今書いていたんですが,議論になりそうなのでやめておきます。国選をやめると収入が減って困らないかと言われることもありますが,それはおそらく事務所経費負担のない軒弁やイソ弁の発想で,一人ボスである私としては国選はやらない方が経営的には良いと思います。まあ,そうであるならば現在の国選弁護は軒弁等の事務所経費を負担しているボス弁の厚意によって成り立っている制度だという気がして,そうならそろそろ制度として破綻しても良いのではないかと思いますが。……いや,何もしないよりは国選でもやった方がいいから,そうともいえないかな……よくわかりませんがまあ,今の私としては,やらない方が経済的には合理的だと思っています。

封筒のデザイン

 11月初めから5箇月間ぐらい,すごく忙しかったのですが,落ち着いた気がします。
 まあ,今は裁判所の異動の時期で,最近あんまり期日が入っていないので,それで落ち着いた気になっているだけかもしれません。まあ,わけあって,多分もう過去5箇月間ほどは忙しくならないと思いますが。あまり忙しいのは良くないと思います。

 そんなわけで,1箇月以上前の話ですが,長形3号の封筒をデザインしました。
IMG_4190
 フォントですが,事務所名は看板と同じUDタイポス512,それ以外は源ノ角ゴシックです。いろいろ試してみたら源ノ角ゴシックがレトロな感じでハマったような気がしたので,これにしました。
 角形2号もこれと似た感じに作りたいなと思いつつ,忙しかったのでできていません……いや,今はちょっと時間ありますが,デザインは趣味みたいなものなので,デザインをして遊びたいという気分にならないと作らないんでしょうね……。

 長形3号のは,後で修正したくなるだろうと思って後で修正して作り直す前提でデザインしていたんですが,結局封筒って自分でもあんまりまじまじ見ないので修正したいという気持ちにもならないですね。

看板と名刺のデザインを新しくしました

 今までの看板のデザインが気に入っていなかったので,看板のデザインを新しくしました。看板の内部にシートが入っているので,それを取り替えたわけです。

IMG_3168

 整骨院や診療所っぽくしようと思って作りました。整骨院っぽいなと思っていただければ嬉しいです。法律事務所が整骨院っぽいのが良いことなのかどうかは知りませんが。
 デザインは自分でAdobe Illustratorで作ったんですが,その際にフォント(UDタイポス512)を買ったので,せっかくなのでそのフォントを使って名刺のデザインも新しくしました。画像左が古い方。画像右が新しい方。地図は裏面。名刺のデザインはAdobe Illustratorではなく試しにAffinity DesignerというMac App Storeで6000円の新しいアプリを使ってみました。

IMG_3172

 別にこれで集客を強化しようということではなくて,前の看板のデザインが恥ずかしくて変えたかっただけです。前のは私がざっくりと作った画像を看板業者に送って,印刷データ自体は看板業者に作ってもらったものです。前のはこれです。

IMG_2057

 この方式の看板のシートの印刷には,1度吹きと2度吹きがあるそうです。2度吹きはインクを2回吹き付けるそうです。夜に美しく見えるようにするには2度吹きの方が良いのだそうです。その代わり2度吹きだと昼間は暗く見えるそうです。前のは1度吹きだったんですが,今回は2度吹きにしてもらいました。

 あと,封筒も,事務所の住所等が最初から印刷されているものを作りたいですね。今は何も書かれていない茶封筒を買ってきて,宛名ラベルで事務所の住所等を表示しています。ただ,名刺はいろいろ貰っていてコレクションがあるから,他人の名刺をいろいろ見ながらデザインを練ることができましたし,看板は街中にある整骨院や診療所の看板を参考にデザインを考えることができたんですが,封筒はコレクションしていないし街中で見かけることもないので,デザインを考えるのが難しいですね。今後,封筒をコレクションしていきたいと思います。

 ちなみに,メールアドレスも変えました。satohirokilaw@gmail.com から s@slaw.jp に。ちなみに前のアドレスに送ってもらっても届きます。私はgmailが大好きなんですが,「フリーメール」と言われることがあって信用されていないのかな,と思い。あと前のは長すぎて電話で伝えにくかったというのもあります。だからといって9文字のメールアドレスというのも極端に走りすぎの気もしますが。そういえば私の(事務所の番号として登録している)050の電話番号も「携帯」と言われて信用されないようですね。050は携帯電話の番号ではなくIP電話の番号です。まあ,信頼感がないことに変わりはないのかもしれませんが。ちなみに法テラスの電話番号は多分全部050です。余談ですが,某四大事務所のアソシエイトの先生に以前,この電話番号について「ピッチですよね?」と言われたことがあって,法テラスに電話したことがないのか!と驚いたのを覚えています。ちなみに050がPHSの番号だったのは1999(平成11)年1月1日午前2時までのようです。
 あと,今年に入ったあたりに仕事で使う読点を「、」から「,」に変えました。弁護士業界では,裁判所の文書に倣って「,」を使う人が多いです。私は日本語の読点は「、」の方が美しいと思っていて,頑張って「、」で通していました。しかし,他人の文章をOCRかけてコピペする際なんかには,その他人の文章は「,」になっていますから,私も「,」を使っていた方がいろいろ楽なんですよね。それで,もう,折れました。今後「,」で行きます。もう日本語の読点はどっちかに統一されてほしいですね。

同じ唐揚げを食った仲

 大阪弁護士会の研修に行った。法科大学院の同期で司法修習64期の藤田大輔先生がいた。久しぶりに会った。
 藤田先生とは法科大学院生時代,毎日一緒に自習した仲だ。というのは嘘で,毎日一緒に唐揚げ弁当を食べた仲だ。というのも嘘で,飽きもせず毎日唐揚げ弁当を食べていたのは私だけだ。しかし,藤田先生もこの弁当屋の唐揚げを非常に高く評価しており,ある年のクリスマスイブにはここの唐揚げを限界まで食べてみようと藤田先生が言い出し,私が弁当屋に予約注文をして,実際に限界まで食べたことがある。弁当屋のイケメン兄ちゃんはニヤニヤしながら大量の唐揚げを渡してくれた。藤田先生は「明日はみんな顔テッカテカになってるんちゃうか」と言って笑っていたが,その場にいた者全員,翌日特にどうともならなかった。それより食べている最中がつらかった。普段唐揚げを食べていると,皮に衣がついただけのような小さいのが特に美味い。味と油の塊だ。しかし,唐揚げを限界まで食べようとしていると,この小さいのが特にきつい。食道がどんどん油でコーティングされていくような感覚が苦しい。この点において,藤田先生と私とで意見の一致をみた。
 もちろん,私と藤田先生はただ唐揚げを食べていただけではない。勉強場所としていた大学図書館で一番面白い本を持ってきた奴が勝ちという遊び等もした。この時はたしか藤田先生がどこかから明治大正時代頃の手紙か何かを集めたような古い資料を持ってきて,私が法律の勉強そっちのけで読みふけって終わったような記憶がある。
 このように有能な藤田先生は,過去4年ちょっとの間,弁護士法人ALG&Associatesで一般民事事件(離婚,交通事故,不動産関係等)の他に専門分野として患者側の医療過誤事件を扱うアソシエイトとして大活躍されていた。いや,事務所を覗いたことはないのだが,私が何かわからないことがあって藤田先生に質問すると,藤田先生はいつも私が期待した5倍ぐらいの速さで,私が期待した4倍ぐらい量の情報を答えてくれるので,普段から大活躍しているに違いないのだ。
 しかし,今日会って話したところ,今年2月末に今の事務所を退職する予定だという。もったいない話だと思って聞くと,要するに,今の事務所では個人受任ができないため「仕事を取る」という仕事をしなくてよいところに物足りなさがあるという。そのため,個人受任が可能な事務所を探しているという。それは,わかるような気がした。