開所25日目

 開所後日数については、世間的な営業日にして2週間程度しか経っていないのだが、土日祝をぶち抜いているので数字が妙に大きい。土日祝をぶち抜けば圧倒的に成長できる。

 だいたい狙いどおりの睡眠時間に戻せた。疲れが溜まっていたので遅刻してゆっくりすることにする。
 ここ2週間家の掃除も怠っていたので掃除をして14:00頃出勤。

忙しい

 なんだこれ?
 時間が有限なリソースだということを実感する。一時的にでなく忙しい場合は根性ではどうにもならないな。なんとか頑張ろう。

開所24日目

 11時頃に起きたいのに9時頃に起きてしまう。薬の飲み方を考え直そう。やることもないから事務所へ。
 クレジットカードを2枚持っているので片方を弁護士業務用にしようと決めていた。それで送ってもらった引き落とし口座の変更届が届いたので記入して投函したが、どうも変更後の口座で引き落とされるのは結構先になるらしい。何もかも一気に切り替えられたらいいのに。

ズボン

 スーツのスラックスの尻の部分が破れていたというか糸が切れていた。スーツを着たまま段ボールを開封したり組み立て式の家具を組み立てたりしたからだ。買った店で直してもらったが、これいつから破れていた……?

仕事

 事務所で仕事。

本屋

 ジュンク堂堂島店に某法の基本書を買いに。
 帰りに松屋に寄ると法科大学院の同期のS先生にしか見えない人がいた。目が合った時に思わず「おっ」と言うと向こうが反応に困っていた。違ったかもしれないと思いながら牛丼を食べて帰った。

帰所

 買ってきた本を事務所で読む。時間がない。

開所23日目

仕事

 仕事をしていた。
 どういう種類の行動をしていたか程度は書かないと日記ブログとして価値がないとは思うが、やっぱりそれすら書きたくない。出張とかをしても出張したことすら隠してブログを書くことになりそうな予感がする。だから今後私が札幌に行って時計台を見たと書いていたら、実際には沖縄でシーサーを撫でているとでも思ってもらえば良い。

委員会

 子どもの権利委員会部会説明会及び懇親会に行ってきた。直前まで忘れていて、参加の連絡すらしていなかった。でも行った。すみません。
 今までは、「ブログ読んでます」と言われるだけで済んでいたが、今は
>私に会えばとりあえずブログの話を振っておけば良いと思われているらしい。たしかに、それで良い。
 という記事
をみなさん読まれているので、今日は「ブログの話を振っておけば良いと書いてあったのでブログ読んでますって言っておきます」といったような屈折したご挨拶をたくさん頂戴した。それはそれで良い。

開所22日目

朝の電話

 昨日、事務所経営に関するちょっとした問題について法科大学院で同期、司法修習64期の藤田大輔先生に質問するメールを送っていた。それに対する返答として朝に電話がかかってくる。起きた直後の真っ暗な部屋で寝ながら出る。起きた直後だということがバレる。ああそうか。仲が良い人じゃないとそもそも指摘してくれないのか。問題は解決。ありがとうございました。

昼の電話

 某保険会社から電話。日弁連共済制度の案内。またか。封筒は既に4社から来た。「結構です」と言ってすぐに切ろうとすると「話を聞いてもらうように言われている」と言う。聞く義務でもあるかのように言うのは反則だろうという趣旨で、「誰から言われてるんですか?上司からですか?」と言うと普通に爆笑される。ちょっとむっとするが、皮肉が通じないのは私のコミュニケーション能力不足の故であり、むっとしている場合ではない。とりあえず話を聞かずに切ったが今後またかけてきそうだ。結局、誰から言われているのかはよくわからなかった。
 私もそろそろ営業電話に飽きたらしい。

新件が入る

 スケジュール管理がいよいよ大変だが土日の間になんとかなりそう。でもこの後いろいろアレがあるんだよなあ。アレ。よく把握していないが、あの、なんか必修の共同受任の研修制度か何か。即独者向けの任意的なのにも申し込んだが。

開所21日目

 研修に行くために朝起きる。朝から西天満に行けば鮪人のランチを食べられると思うと容易に頑張れる。

研修

 大阪弁護士会の研修に初めて行ってきた。小久保哲郎先生による生活保護の研修。最高だった。
 研修ってどうせ本読んだ方が早いだろうと思っていたが、これは本を読むよりも圧倒的に早かった。

ランチ

 西天満の鮪人。民事裁判修習の時に同じ部で修習した沖田さんに教えてもらった。値段の割に量が多い。多すぎるぐらい多い。名物「海鮮丼」が売り切れていたのでサーモン鉄火丼700円。

IMG_2118

 深夜にこんな画像を投稿してすみません。

書店

 大阪高裁内ブックセンターで買い物。67期の登録番号はまだ登録されていなかった。
 検察修習の時にお世話になった総務部副部長っぽい方と目が合ったがマスクをされていたので確信が持てずに軽く頭を下げる。だんだん違うような気がしてきた。

帰所

 税金関係の雑用。税金が欲しければ税務署で勝手に念力でも使って計算して向こうから取りに来てほしい。あ、放っておいたら向こうから来るのか。それは嫌だな。じゃあこっちから行く。

研修

 新入会員向け、刑事事件受任に関する研修会。法テラス等との手続の話だったが、さっぱりわからなかった。周りが同期だらけだと学校のような感じがして緊張感が薄れて良くない。

帰所

 雑用。ほとんど仕事していないのになんでこんなに忙しいんだ。西天満との往復に3時間近く使ったからか。もっと勉強時間取りたい。
 あと今日も弁護士会館の無線LANの使用申し込むの忘れていた。
 生活保護の研修が良すぎたから新しく3つ研修の予約を入れた。

開所20日目

仕事

 役所が開き始めたので本来業務再開。起案。

観葉植物

 12月23日のこと。同期の弁護士高谷滋樹先生がうちの事務所を見に来ると言う。
 高谷先生が「何か、事務所に、必要なものありますか? お茶とか、コーヒー豆とか、大量の紙コップとか。」と言うが、紙コップ等は近所のダイエーで必要な時に必要な分を買うのがベストなので、要らない。そこで、「えっとじゃあ観葉植物を持ってきてください。人の背丈ぐらいの。5万円ぐらいのやつ。」と、かぐや姫も地底に潜るレヴェルの無理難題を吹っかけてみたところ、

IMG_2112

 本当に送ってきた。できる男だ。(「北摂法律研究所」というのは彼の個人サイトの名前だ。)5万円ぐらいのやつかどうかは知らない。

IMG_2116

 ちょっと事務所感出てきた。ありがとうございます。

仕事

 焦ってやっていると食事を採る時間が惜しくなる。これは危険だ。よく寝てよく食べよう。

勉強

 仕事が一段落ついたので勉強。勉強時間もっと取りたい。

開所19日目

営業の方々

 某社の営業の方々が来る。お茶を出して席に案内する。今回は前回よりは上達したと思う。あたかもそれが当然であるかのような顔をして、来客を待たせながら冷蔵庫からペットボトルを出して爽健美茶を注ぐ所作が。
 何も契約しなかった。そのうち必要性を感じたら契約するかもしれない。
 しかし、法律実務家ではない人が法律実務家向けの商品を売り込むのって大変だなと思う。知ったかぶらなければいけないわけだから。それは1年目の私もそうなんだが。知ったかぶりvs知ったかぶり。

弁護士会館等へ

 年末年始で停滞していた手続きを再開。まず5階で大阪弁護士協同組合に加入。いろいろ書籍を頂けるのは有難いが、ボールペンとシャーペンは要らない。要らないと言ったら、誰にあげてもいいからとりあえず貰ってくれと言う。とりあえず貰ってきた。
IMG_2105
 過剰包装だ。過剰なのは法曹だけでたくさんだ。そして重い。書き味は良い。仕方がないから使うか……(デザインは気に入ってしまった)。
 頂いた法教育の本?『法むる〜む改訂版』がとても良かった。一家に一冊配って歩きたいぐらいだ。
IMG_2107
 大阪弁護士会は標語やタイトルを何でも駄洒落や回文にしようとする。
 6階で銀行口座変更、職務上請求書購入。同業者の知り合いに会う度に「ブログ読んだ」「ブログ読んでる」「ブログが面白いと聞いている」等と言われる。寒い日に寒さの話をするが如く、私に会えばとりあえずブログの話を振っておけば良いと思われているらしい。たしかに、それで良い。
 地下1階でレターケースを確認。弁護士が事務所を移籍した連絡が何通か。ところで地下1階に降りる階段への扉は隠し扉だと思う。
IMG_2103
 この写真を見てもどこに扉があるのかよくわからない。そもそも玄関を入り切る前にあるんだからフェイントも甚だしい。
 会館の無線LANの使用の申込みするの忘れていた。ToDoリストの書き方を考え直そう。
 今日は雑用だけで1日が終わってしまった。勉強したい。

開所18日目

 確定申告の勉強をしようと思って、買ってあった本を読んでいた。最低限の概念は少しずつわかってきた気がするが、それを読んでいてもWebをググっていても肝心なことがよくわからない。明日税務署に電話してみよう。要するに、2014年の収益が0円で、費用は100万円近くかかっているという状況で、今この時期に何をすれば良いか。

年末年始が終わる

 年末年始の世間が休んでる間、私も仕事はしなかったが、年中無休と掲げたからには毎日事務所には来ていた。が、近所の散髪屋が窓に「年中無休」と書きながらも三が日は休んでいることに昨日気が付いた。もしかしたら「年中無休」の「年中」には三が日は含まれないという解釈が一般的なのではないか。それなら私のこの週の行動の前提が崩れてしまう。
 ちなみに、最判平成22年3月2日民集64巻2号420頁は、「3 原審の確定した事実関係の概要は,次のとおりである。」の項の中で、「上告人らは,年末年始を除き,年中無休でパブクラブを開けて営業している。」と述べている。なるほど、年中無休が年末年始にも休まないことを含意しないとの説(以下、「含まない説」という。)に立った場合、「年末年始を除き」の部分が不要となる。しかし、含まない説を採った上で注意的に「年末年始を除き」の文言を挿入したという解釈は排除できない。したがって、この判決は、必ずしも、年中無休が年末年始にも休まないことを含意するとの説(以下、「含む説」という。)に立ったものと断言はできない。とはいえ、含む説に一定の配慮をしたものと評価することはできよう。
 下級審裁判例においては、東京地判平成25年9月10日判例秘書L06830753はその理由中において「本件店舗は,年末年始を除いて年中無休であり」と、前記最判と同様の……
 ……もういいですね。
 最近は営業時間の設定を捨てても良い気がしてきている。事務員を雇っているわけではないので、その労働契約によって受付時間が制限を受けるという状況はないわけだから、営業時間の設定がそもそも要らないのではないかと思ったのだ。探偵小説に出てくる探偵って営業時間ないですよね?そんな感じで……いや、あるかな。このへんは便利屋業界を参考にすれば良いかもしれない。弁護士資格を持った便利屋。それで良いではないか。営業時間はありそうだ。
 年末年始は事務所でひたすら勉強をしていた。読んだ本のアフィリンクでも貼って感想でも書こうかと思ったが、法律事務所のサイトにアフィリンクなんか貼って何かに違反しないのかという疑問と、私の事務所のサイトにアフィリンクを貼るのは私のプライド的にどうなんだという疑問があり、それはまた今度考える。別にアフィリエイト収入が欲しいわけではないのだが、アフィリンクが貼ってあった方が本気で紹介している感じがして印象が良いなと思う。

開所17日目

 司法修習生だった頃には、バッジを裏返しに付ける弁護士をかっこ悪いなと思って見ていたが、今私は外食に行くときはわざわざバッジを外して事務所の机に置いてから出ている。たしかに、恥ずかしい。「なんで裏返しなんですかあ〜?」と聞いてくる司法修習生(かつての私のような)には実際に付けさせて外を歩かせてみると良いのではないかと思う。それが合法なのかは知らない。

即独16日目

研修

 大阪弁護士会の研修についての資料をざっと読み、総合法律相談センターの研修全てに申し込み、あと刑事事件受任に関する研修会にも申し込み、さらに興味のある分野の研修にも少し申し込んだ。2月末まで週に2〜3回研修がある感じになった。全部は行けないだろうと思う。
 研修がどういうものかはわからない。あまり研修に出るよりも本を読んで勉強する時間を取った方がよい気がする。
 それにしても大阪弁護士会の会員専用サイトではツークリックで研修への参加を申し込めてしまうのが、すごく楽で良い。

Google Analytics

 あまり見るつもりもなかったのだが、今見てみた。

summary

 サイト開設後しばらくは200セッション前後。バズった日に3289セッション。その後はだいたい500セッション前後。
 統計に出る最新のページが「14日目」(12/31)でページビュー数が325だから、意外と継続的に読まれていることになろうか。「即独日記」特有の面白さということで考えれば、開始後1週間で賞味期限が切れるかとも思っていたが、さて今後どうしようかな(ブログの使い方として、日記でない記事を中心とするように徐々に変化していくつもりだった)。
 ところで、使用ブラウザの統計はちょっと面白い。

browser

 スマホのFacebookアプリやTwitterクライアントの中で見ている人が多そうだ。まあ、それでも半分ぐらいだから、1/3ぐらいはパソコンからかな。
 とはいえ、まだ「吹田 弁護士」のキーワード検索で出ないので、弊事務所はまだ始まっていないに等しい。

結露

 床の水溜りはやはり結露のせいのようだ。ソファを動かしてみると下に水溜りが。
IMG_2099

 ブラインドを上げて掃除しているとブラインドの紐が。
IMG_2100

 直らない。元々どうなってたんだこれ。
IMG_2101

 これも弁護士としての私の仕事なのだから、やはり弁護士の職域は広がっているといえる。