事務所にいない

事務所にいない

 最近、あまり事務所にいません。
 事務所にいない時は事務所にいないことがわかるように照明を消しているので、外から見てわかります。おそらく電車から見てもわかると思います。そこまで見ている人がいるかは別にして。
 ビルの管理人さんに「最近おらんから……」等と、声色的にネガティヴなことのように言われ、うーんこれは何か釈明する必要があるのかなと思いました。

弁護士の仕事

 まず、弁護士っておそらく業界外の方が想像されるよりも、外に出ていることが多いんですよね。
 裁判所の手続きに行ったり、警察署に接見に行ったり。外で打ち合わせしたり。弁護士会の用事があったり。
 うちの事務所は事務員を雇っていないので、私はこれに加え、事務員の仕事としても外に出ています。郵便局に郵便を出しに行ったり、まあ、裁判所に行ったり弁護士会館に行ったり。
 そういうわけで、特にうちの事務所のように事務員がいなくて裁判所からも遠いとなると、仕事が忙しいだけでもうあまり事務所にいられなくなってくるんです。

じゃあ事務員を雇えよ

 じゃあ事務員を雇えよ、と思われそうですが、私はこれはやりたくないんですよ。
 全部自分の手でやりたいんです。

事務所の執務スペースの居心地

 5月初めまでは事務所には仕切りとなるものがないようにして、どこからでも全体が見渡せるようにしていたんですよ。開放感を演出したくて。
 しかし、5月初めにホワイトボードを買ってこれを仕切りとして、執務スペースと応接スペースを分けたんです。
IMG_2354
 そうすると執務スペース(写真のホワイトボードの裏側)が窮屈になってしまいまして。広さは変わっていないのですが、見晴らしが悪いだけで気が滅入ります。
 それで事務所にいる気がしなくなってきたんですね。

そもそもどこでも仕事ができるようにしてある

 事務所にいる気がしなくなったからといって事務所にいなくていいことにならないのが普通なのですが、私は開所当初から事務所にいなくても仕事ができるようにと考えてやっているんですよね。
 電話はIP電話で、インターネットが繋がる所ならどこでも発受信できます。FAXは事務所のパソコンで受信してそのまま自分宛にメールで送信するようにしています。書類はだいたいクラウドに置いています。
 事務所にいないとできないことは、人と会うことと、FAXを送信することと、郵便を受領することと、プリントアウトすることと、スキャンすることぐらいですね。
 それ以外のことは自宅でも弁護士会館でもナイロビのホテルでもできてしまうので、事務所の居心地が悪くなると事務所にいなくなってしまうわけです。

アポなしで来る人に顧客は少ない

 それでも、アポなしで客が来たらどうするの?と思われるかもしれませんが、今までアポなしでお客さんが来たのは1回だけです。あっ近所の依頼者で通りがかった時にちょっと寄っていく方がいますが、その方は除外で……。
 アポなしで来る人は、だいたい、本や判例検索システムの営業の人か、広告の営業の人か、信金の営業の人か、うちの事務所の上にある結婚相談所の社長ぐらいです。そういう人はまあ無視していいんです(社長すみませんいつもお世話になっています)。無視されてもいいからアポなしで来るわけで(営業の方すみませんお暑い中大変だとは思います)。

そういうわけで

 そういうわけで、最近あまり事務所にいないんですが、気持ち悪がられているだろうなあと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加