即独7日目

 即独日記が1週間溜まった。
 これで後輩達の参考になれ……そうもない。

出勤

 昨日、夕方16時頃にマクドナルドのハンバーガーを食べて以来何も食べずに仕事をした後で、深夜1時頃に何かよくわからない高級そうな洋菓子(忘年会で頂いた)を食べたら胃がもたれて、今朝起きてもまだ気持ち悪いので今日は休もうかなと思ったのだが、家でだらだらしているのと事務所でだらだらしているのとで特に違わない気がしたので事務所に来た。

勉強

 開業準備も本来業務も少し暇になったので、勉強。
 最低限、離婚と債務整理と交通事故と労働関係の事件処理、それから執行・保全の手続を押さえておかないと街弁の看板を出せないだろうと思う。そう思うのに看板を出しているのでものすごく焦っている。
 まあ、自信のない事件の相談が来たらどなたかに共同受任をお願いします。
 自分が事業に失敗することは怖くないのだが、依頼者に迷惑をかけることはものすごく怖い。

判例検索システム契約

 名指しで書いていいものかよくわからないが……やっぱり書かないでおこう。判例検索システムの契約の方が来た。
 以前からの知り合いでない方に応接セットに座っていただくのが初めてだったので、案内してお茶を出す練習台にさせていただいた。仕切りが一切ない部屋で客を待たせつつ冷蔵庫のペットボトルから直送で(キッチン的な設備が貧弱なので)飲み物を用意するのは、なかなか、度胸が要る。「これが当たり前ですよ?何か?」と顔に書いて堂々とするにはもう少し慣れが要りそうだ。
 特約条項の記載の仕方に駄目出しをしながら、署名押印。司法修習終了直後の法曹というものは、事件処理や来客対応の経験値はないのに、法令や契約書の解釈に関してはバリバリやれるわけでアンバランスだと思う。天才バカボンでいえばハジメちゃんみたいなものだ。いや、喩えが悪かった。

バズった

 岡口判事のTwitterを見てこのサイトを知ったという方からお電話があり、岡口判事に捕捉されたことを知った。少し調べてみたところ

 福祉犯の罪数論で無敵なことで有名な奥村徹先生が13:00に捕捉。


 要件事実アニキこと岡口基一判事が17:59に捕捉。


 伊藤雅浩先生(以前から存じ上げておりますが特にキャッチフレーズが思い付かなくてすみません)が18:59に捕捉。


 スライム先生こと大西洋一先生が20:48に捕捉。

 諸先生及びアニキの皆様、ありがとうございます!
 まあまだブログも内輪向けに書いてる感じはありますね……。
 ところで、このブログの最初の記事の「成仏」というのは高橋宏志先生の成仏理論を知らない人にもわかるようにリンクにしてあるんですが、なかなか気づいていただけないようですね。

明日は

 たしか、大阪弁護士会の入会式で、その時にバッジも身分証明書ももらえるそうなので楽しみにしている。
 朝からなので十分な睡眠時間が確保できないが……。

即独6日目

昨日の忘年会で

 大阪弁護士会における会派は一水会に、委員会は子どもの権利委員会に入れていただくことになった。

出勤

 間違えて朝9時に起きてしまう。朝にやることもないから出勤。私は睡眠障害(不眠症ではない)を持っていていつ寝ていつ起きるかを薬(睡眠薬ではない)で調節して生きているので、調節に失敗するとこうなる。反省。
 本来業務をしているうちに、昼。壊れた裁断機の代わりに注文した新しい裁断機が届く。
 裁断機の包装を開く作業をしていると、一般廃棄物処理業者の方が契約書を持ってくる。見たところ、事務所が法人格を持っているかのような体になっている。そういうもんかな、と思い、「吹田元町法律事務所 佐藤宏紀」と署名し押印。事務所名と氏名の間に「弁護士」と書くか否か10秒ほど迷ったが、弁護士としての権限を行使する場面ではないので、肩書抜きの氏名のみを記載した(ただし押印には、事務所事務における印章統一の目的から職印を使用した)。
 ついでに裁断機の包装のゴミを回収してもらう。

初の営業電話がかかってくる

 某社からSEO対策のお誘いのお電話。興味はあったのであまり話の腰を折らずに向こうからお話ししていただく。ひと通り話していただいた後、「もしメリットがあれば月額1万円以内なら考えるかもしれない」と言ったところ、すぐに話が終わった。
 私としてはSEO対策業界の相場等がわかったので大変有益だったのだが、少し申し訳ないことをしたような気もしないでもない。
 しかし、現に開業して1週間経っていない時点でサイトを見て電話しておいて、あなたのサイトはこのままでは人に見られないから何とかした方がいい、みたいなことを言われても説得力が……まあ、キーワード検索から来たのではないんだろうが。
 まあ、そもそも、例えば「離婚 大阪 弁護士」で検索して上位に出てくるのは大量の離婚事件をさばける体制のある事務所だけでいい。
 それにしても、なんでこの方は祝日に出社してBtoBの営業電話かけてるんだろう……?世の中わからないことだらけだ。

仕事

 プライバシー保護の観点だけからは、事案の内容に立ち入りさえしなければ、どういう作業をしているかは書いてもよさそうな気がする。しかし、このブログをもし当該紛争の相手方が見れば、こちらが何を検討し何をする予定としているかがバレてしまうということも考えられないではない。結局、どういう作業をしているかすら書かない方がよさそうだ。
 既に23時53分。まあ、明日から暇になるかも。

即独5日目

 ただの日記です。
 そろそろ過去ログを確認しないと自分でも即独何日目なんだかわからなくなってきた。

出勤

 一般廃棄物処理業者に電話。すぐ来てくれた。壊れた大型裁断機を持っていってもらう。なんか、契約外だけどやってあげるみたいな口ぶり。まあ、そうなんだろう。ありがとうございます。
 本来業務に関連して各所に電話。

近隣事務所へのご挨拶

 少し遅れてしまった。世間的な営業日にして2営業日遅れてしまった。負い目を感じながら電話。
 JR吹田駅の駅前には現在うちを含めて3箇所の法律事務所がある。
 最初にできたのが吹田駅前法律事務所。数箇月前にできたのが弁護士法人中村法律事務所吹田支店。先週できたのが我が吹田元町法律事務所
 弁護士法人中村法律事務所吹田支店は留守番電話に繋がったのでかけ直しますと吹き込んでおく。
 吹田駅前法律事務所のお二方にはすぐに会っていただけることになり、行ってきた。会議室に通していただき、お話をした。木村先生はお忙しいようだったが、松本先生には長時間フランクにお話していただき、アドバイス等も頂いた。良い先生方が近所にいらっしゃって心強いと思った。

年賀状

 先日の忘年会というか正式名称謝恩会において、渡部朋広先生(司法研修所における恩師)から年賀状等を出すべきだとご指導を受け、さすがに焦って用意しようとし始めたが、事件の処理がギリギリなのでもう無理かなと思い始めた。来年から頑張る……?

忘年会

 また。今度は司法修習の選択型実務修習のプログラム「他事務所修習」でお世話になった中之島中央法律事務所の忘年会にお邪魔させていただくことになっている。
 中之島中央法律事務所に通ったのは、埼玉県和光市の司法研修所で2箇月の集合修習を受けてから大阪に帰ってきた直後の時期だったので、モチベーションが高まっていた。さらに、私の体調も良かった。しかも、先生方も事務局の方もみなさん人格者ばかりで、たくさんの方から親身になって指導していただけた。そんなわけで、密度の濃い研修ができた。非常に恩を感じている。
 中之島中央法律事務所は使用者側の労働事件に強い事務所なので、夜間営業街弁の私としてはいつか労働者側から法廷で、恩を仇で返そうと思っている。
 それでは、行ってきます。例によって営業時間内ですが酒は飲みませんから大丈夫です。大丈夫ですか?どうでしょうか。大丈夫ですね。

仕事

 溜まっている!!!!!!!

即独4日目

 ただの日記です。

出勤

 最近は毎日12時過ぎに出勤する習慣になっている。
 11時には起きないと神戸地裁や京都地裁の午後一番の期日に入れないなあと思って11時に起きるようにしたら自然とそうなった。電話にも11時から一応出ると思います。寝起きの声ですが。
 ちなみにJR吹田駅からは京都にも神戸にも、というか、京阪神の市街地ならだいたいどこにでも1時間以内に行けるかのような生活の実感がある。

インターネット接続設定

 しばらくこれに苦労していた。数日前になぜか30〜40Mbpsが安定して出ていたことがあったのだが、ちょっと設定を変えてしまって戻したら、戻したはずなのに1Mbpsとかになってしまった。まあ、法律実務をやる上では1Mbpsでも困らない気もするが、悔しいのでずっと試行錯誤していたが、今日の昼ようやく30〜40Mbpsに戻せた。でも夜見たら2.5Mbpsになっていた。なんか適当だな。もうどうでもいい。

身分証

 身分証明書を得てからでないとできない開業準備が結構多い。25日の大阪弁護士会入会式の際に交付されると聞いているので、その後しばらくまた開業初日のように慌ただしくなるなと思う。
 こういうところから推測するに、18日から登録できるといっても、大阪弁護士会としては登録直後からバリバリ働くことを想定してはいないらしい。それはおかしくないですか?と突っ込んでしまうと、じゃあ登録を25日からにしますよ、と言われてしまうので、これでいい。

部屋の中

 来客席の視点から写真を撮るとこうなる。
IMG_2063
 弊所はペーパーレス事務所なので本棚がほぼ無い(高さ88cmのキャビネットが1個だけある)。するとなんか法律事務所らしい威厳がない。せめて観葉植物でも置きたい。あ、どうですか?「祝・御開業 どこそこ法律事務所」みたいな札付きで観葉植物を贈っていただくというのは……それは観葉植物じゃなくて生花か。一時的なやつか。じゃあいいか。

修習同期が来訪

 司法研修所のクラスメイトの諸橋仁智先生が、参考にしたいということで事務所の様子を見に来る。
 まだあまり中身のある話ができなかった。
 不動産屋みたいだ、と言われた。たしかに、この部屋は昔このビルのオーナーが不動産屋をしていた部屋で、応接セットもそのオーナーが不動産屋に使うために特注で作ったというものを貰い受けたので、合ってる。
 ところで、今のところ人が来た時に必ず鍵が閉まっているという失敗をしているのが辛い。トイレに入っている時に人が入って来たら困るから、トイレに行くときに事務所自体のドアに鍵をかけている。トイレから出た時にその解除を忘れている。毎日毎日気をつけようと思っているのだが、まだ忘れている。

仕事

 必要なことだけやるようにしないと終わらないですね……いやぼかして書いてると何のことやらだが。
 今日は日曜日で他の人が休んでるから本来の仕事ができたけど、明日からまた開業準備の積み残しで忙しくなるな。

即独3日目

 ただの日記です。

出勤

 営業時間開始前に事務所に来てまず、昨日相談を受けて調べておきますと答えていた事項につき裁判例を調査して回答。

初来客

 元々からの知り合いというか可愛がっていただいている方だが、初来客があった。
 この部屋に客として人が来るのが初めてだったので緊張した。
 説明に使った紙を持って帰っていただくべきだった等の反省点が残った。あと、突然来られたので、いつ誰が来ても良いように部屋をいつも整頓しておかなければならないと思った。弊事務所は仕切りが全くないので。

水溜り

 昨日、水溜りについて結露のせいだと書いたが、違ったかもしれない。
 雨水がドアの下からどんどん入ってきた。
IMG_2060
 この構造では、ドアにかかって垂れた雨水が全て部屋の中に入る。
 この建物建ってからたしか20年ぐらい経っていたように思うが、今までこれどうしてたんだ……?

本が届く

 裁判実務手続講座書式◯◯の実務のシリーズほぼ全部を至誠堂書店にいっぺんに発注していたのだが、それが届く。段ボール1個で拍子抜け。まあ冷静に考えるとそりゃそうか。

仕事

 調査、起案、調査、起案……

忘年会

 修習クラスの忘年会があるので、営業時間内であるにもかかわらず行ってきます。タブレットとノートパソコンは持っていくし酒は飲まないから大丈夫だ、と思いたい。

即独2日目

 即独日記をしばらくつけようかと思っていたが、事件の話ができないとなると既に話題は減り始めている。やるなら、ブログ投稿ページを常に開いておいてリアルタイムで下書きしていった方がいいかも。

 年中無休を掲げるからには常にタブレットやノートパソコンを持ち歩かなければならない。なのでスーツにもカジュアルにも合う鞄を買いに駅前のダイエーへ。迷っている暇がなかったのでその場にあるものの中から適当に買う。これでいいのか謎。

掃除

 床が汚れてきた。内装屋には「病院の床みたいな床にしてください」と注文してつるつるした床にしてもらっているので、クイックルワイパーで掃除できるかと思っていたが甘かった。土足でしかも1階だからか、それでは除去しきれないサイズのゴミが結構落ちている。百均で箒と塵取りを買って事務所へ。
 そこで私を待ち受けていたのは、写真を撮り忘れたのが悔やまれるが、窓の結露が下に垂れてできた水溜りだった。この事務所は、道路に面した面がほとんど全部ガラス張りなのだ。たしかに昨日は結露でブラインドが要らないぐらいになっていたが、これほどまでとは。キッチンタオルでちょっと拭いてみたが、そんなものでどうにかなる量ではなかった。百均で雑巾を買ってきて、拭いて絞って拭いて絞って、どうにかした。
 そうこうしていると、少し前に頼んでいた一般廃棄物処理業者のトラックが来た。開業に当たって段ボールと発泡スチロールのゴミが結構出たので一気に引き取ってもらい、今後は週2でゴミを回収してもらうことになった。

続・識別番号付与請求

 特許庁に電話。いつ番号がわかるのか聞く。2週間後ぐらいにハガキで送る、と言われる。今から2週間後というと年末年始じゃないか、みたいなことを言う。だから年明けになる、と言われる。はい。役所というのは国民一人一人のこんなつまらない会話に付き合ってくれるから素晴らしいなと思う。

法テラス

 大阪弁護士会館へ。弁護士になって初めて西天満(大阪高裁周辺の法律事務所密集地域)に行った。地下に降り、法テラスの部屋へ行き受付の方に「昨日登録した弁護士なんですが……民事法律扶助?か何かの契約?か何かしたいんですけど?」と素人感丸出しで話しかけてみる。横の席で待つように言われ、1分ぐらい待つと奥に座っていた方が来た。何も知らない私のざっくりとした質問に的確に答えていただき、用紙を受け取り、選択肢全てに丸を付け職印を押し提出。登録はこれも年明けになるという。
 まだ職印を押すのがいちいち快感で仕方がない。
 帰りに会館地下の弁護士用レターケースの部屋に寄ってみる。67期のはまだなかった。
 次に裁判所に寄り、大阪高裁内ブックセンターで本を買って帰る。大阪高裁内ブックセンターでは弁護士割引があり、レジで登録番号を言わされる。私の番号はまだ登録されていなかった。当たり前だ。でも割り引いてくれた。

看板

 今日初めて電車から看板を見たが、看板の文字はよく見えた。良かった。窓に切文字で貼った私の名前は目立たなかった。少しがっかりだが無難だ。少しがっかりというのは、事務所から徒歩4分の駅が私が通った小中学校の最寄り駅なだけでなく、この路線が高校の学区を貫いてもいるので、小中高校の同級生が窓の切文字を見て私がここで弁護士をやっていることを知り、そこから私が何か変なことに巻き込まれでもしないかと期待していたのだ。それはなさそうだ。
 変なことに巻き込まれるで思い出したが、若手弁護士が一人でやっている事務所には非弁提携のお誘いがあると聞くので、楽しみにしている。もちろん誘いに乗りたいのではなく、生の違反事例から弁護士倫理の趣旨を実感したいので誘いのお話を聞いてみたいのだ。もちろんそういう誘い自体ない世の中の方が良いに決まっているので不謹慎だが。

帰所

 事務所に帰って雑用をしながらふと無線LANの設定をいじってみると戻せなくなって非常に焦る。こんなことをしている場合ではない。1〜2時間格闘し、気づけばこんな時間。疲れが溜まっているのでもう帰ろう。掃除して帰ろう。ちなみにここ1週間ぐらいはほとんど1時頃まで事務所にいた。
 ああ、仕事が溜まっている。明日から本気を出そう。

即独初日

 ただの日記です。

登録番号

 昼前に起きてまず大阪弁護士会に電話。弁護士登録番号を聞く。「大弁」にはまだ来ていないので「日弁」に問い合わせるとよい、との返事。
 大阪弁護士会の職員は必ず、大阪弁護士会のことを大弁、日本弁護士連合会のことを日弁と呼ぶ。これがどの程度広く使われている略称なのかは知らないが、私としては、大弁は大便みたいだし日弁はもうちょっと頑張って日弁連という一般的な略称を言えばいいのに、という違和感がまだ拭えない。
 日弁連に電話すると、今日既に何十件もそうやって教えてきたかのようにスムーズに教えてもらえた。51447。なんか覚えやすいな、と思っていたが、今既に忘れていた。
 日弁連の職員に佐藤先生と呼ばれ、緊張する。今思ったが、もしかして緊張させて楽しんでいるのだろうか。

看板

 事務所に行くと看板屋の方が看板のカバーを外す作業をしてくれていたところだった。カバーを外すと、こういう状態になった。
IMG_2055

 ちなみに、夜になって光らせると、こうなった。
IMG_2057
 後述のとおり、まだ試験的にしか光らせていない。
 思っていたよりも色が薄い……?銀行っぽくしたかったのだが、これは何だ?これは何か新しいジャンルの商店だな。いやその通りなんだが。

識別番号付与請求

 特許庁長官に識別番号付与請求。弁理士業務用。特許庁に電話をかけてやり方を聞きながら書面を郵送。あれで良かったのかまだ不安。

銀行

 弁護士業務をやるためには預り金口座が必須だ。修習生時代に、銀行に行っていつから弁護士肩書口座が作れるのか聞いてみたことがあった。身分証があれば作れるということだった。
 今日は、修習生の身分証と免許証を提示して「登録番号を言うので日弁連に問い合わせれば私が弁護士であることはわかります」と言って交渉してみたら、駄目だった。
 身分証は1週間後の入会式の日に発行されるそうなので、それまで金を預かるときは現金で預かるしかない。

税務署

 銀行に行った時に、何かの間違いだとは思うが、口座を作るために個人事業主の開業・廃業等届出書の控えが必要だと言われたので、まあ、まだ身分証がないのでどっちみち口座はまだ作れないのだが、せっかくなのですぐに税務署に届出に行ってきた。青色申告承認申請書については、まだよくわからないので後日出すことにしようと思っていたのだが、税務署職員にすぐ出すように勧められ、その場で書いて同時に提出。会計ソフト使います、とは言ったものの、根本的に会計における諸概念がわかっていないので、勉強したり税理士に相談したりしないとなあと焦る。

さて梅田へ……

 弁護士会館へ行き事務所の電話とFAXを登録しよう(一斉登録の際には電話とFAXは空欄にして提出した)と思い事務所を出て時計を見たら16:20だったので、ギリギリ間に合う気もしたが諦めて帰ってきた。続きは明日。法テラスにも行こうと思っていたが、続きは明日。スポーツかゲームで時間を競っているかのような1日だった。

仕事

 修習生の頃から知り合い複数人から、弁護士になったら依頼したいことがあると言われていたので、その準備。
 開業準備と平行してその分野の勉強は暇を見てやっていたが、いざ明日明後日にでも委任状と委任契約書にハンコもらおうと思って準備してみると結構まだ準備が足りない。そして準備していると全然時間が足りない。今新件が来たらもう既に困る。既に困るというべきかまだ困るというべきか。
 そんなわけで看板のLEDはまだ点灯させないことにした。もしかして看板要らなかったのではないか、と思いながら。
 そうこうしている間にもう日付が変わった。